HMBサプリとプロテインはどっちが効果的?答えは『併用』
ガリガリの痩せ型が筋トレで細マッチョになる方法 > 筋トレサプリ > HMBサプリ > HMBサプリとプロテインはどっちが効果的?答えは『併用』

HMBサプリとプロテインはどっちが効果的?答えは『併用』

ネットを見ていると「プロテインよりもHMBの方が筋肉量アップの効果がある!」ということが書かれていることがあります。しかし、これは正しい情報ではありません

そもそもプロテインとHMBでは得られる効果が微妙に違いますし、「プロテインを全く飲まなくてもHMBサプリさえ摂っておけば筋肉が付いてくる」という話であればボディビルダーやアスリートがわざわざプロテインや複数のアミノ酸サプリを飲むことだってなくなっているはずですよね。

もちろんHMBにも筋肉量アップの効果が実験によって裏付けされているので、飲んでも意味がないということではありませんよ。

HMBサプリとプロテインはどちらも筋肉を付けるためには効果的なアイテムなので、併用して2つ同時に摂取していくのが一番おすすめです。実際に大きな筋肉を維持している人たちはサプリをプロテインで流し込んでいる人が多いですからね。

プロテインはバランスよく成分が摂れる。HMBは筋肉アップに特化した成分が摂れる

プロテインとHMBの違いについて簡単に確認してみましょう。プロテインとHMBの関係は『プロテイン(スポーツ)、HMB(野球)』のような感じです。スポーツというジャンルの中に野球があるように、HMBはプロテインに含まれる成分の一種です。

HMBはアミノ酸に分類され、プロテインの中には5%ほど含まれています。プロテインはタンパク質やアミノ酸、ビタミンなどトータルで摂取することができるため、筋トレに必要なエネルギーを効率よく摂取することができます。

摂取カロリーを増やさずに筋トレを行うと、トレーニングによって消費されるエネルギーが多くなってしまい、結果的に筋肉が分解されてエネルギーになっていきます。ガリガリの人が筋トレをしても筋肉が付きにくいのは「基礎代謝が高い(何もしなくて消費されるカロリーが多い)」「普段の食事量が少なく、摂取カロリー < 消費カロリーになっている」という2つの理由があります。 プロテインを飲むことで2つの問題を解決することができるため、『筋トレ=プロテイン』という認識が広まりました。 しかし、2010年から国内でもHMBサプリの販売が認可され、最近では「プロテインよりもHMBの方が筋肉アップに効果がある」と言われ始めました。実際、HMBには「筋肉量の増加」「筋肉量減少の抑制(分解されるのを防ぐ)」「疲労した筋肉の回復促進」など筋肉を大きくするために特化した効果があるので、単純に見れば「プロテインよりもHMBの方が筋肉量アップの効果が高い」と言えます。 ですが、先ほども説明したように、HMBだけを摂取していても筋トレで消費されるエネルギーを摂取しなければ筋肉が分解されてしまうので、『プロテインとHMBサプリを併用して摂取するのが一番効率的』という答えになるわけです。

特に痩せ型の人ほど少しお金を無理してでも同時に摂取しておくことをおすすめします。痩せ型の人は頑張っても標準体重の人の3分の2ぐらいしか食事量を増やせないことが多いため、プロテインを摂取しておいた方がいいですし、基礎代謝が高いせいでプロテインを飲んでも筋肉肥大のために必要栄養までトレーニングのエネルギーとして消費されてしまうことがあります。

「せっかく筋トレを頑張っても筋肉が付かなければ挫折をしてしまい、いつまで経ってもガリガリで頼りない体型のまま」というのはもったいないですよ。

トレーニング内容や食事量を増やすことも大事ですが、痩せ型の人は筋肉が付きにくいので筋肉アップに必要な成分を効率的に摂れるプロテイン&HMBサプリを毎日欠かさず飲みましょう。