そもそも筋トレサプリって何?種類や効果について
ガリガリの痩せ型が筋トレで細マッチョになる方法 > 筋トレサプリ > そもそも筋トレサプリって何?種類や効果について

そもそも筋トレサプリって何?種類や効果について

最近では雑誌やネットの広告で筋トレサプリ(HMBサプリ)を見かけることも多くなりましたよね。管理人も愛用しており、これから太るために筋トレを始める方にもおすすめしているのですが、そもそも「筋トレサプリって何?」「どんな成分が入ってるの?」「どんな効果があるの?」と疑問に感じる人も多いはず。

そこで今回は筋トレサプリについて簡単に解説していきたいと思います。

プロテインはもう古い!時代は筋トレサプリメント

これまでは「筋トレ = プロテイン」という認識がありましたし、実際に今でもそうだと思っている方も多いと思います。しかし、プロのアスリートでプロテインしか飲んでいない人はほとんどおらず、複数の筋トレサプリメントを服用している場合がほとんどです。

プロテインは日本語訳で『タンパク質』を意味し、タンパク質に含まれる複数のアミノ酸が筋肉を大きくしたり、筋肉の回復を早めたりしてくれます。

しかし、タンパク質に含まれるこれらのアミノ酸はごくわずかであり、「もっと効率的に栄養を摂取できるのでは?」と考えられて作られたのが筋トレサプリです。「プロテインでも悪くないけど、もっと効率よく筋肉に栄養を与えたい」という感じですね。

筋トレサプリの代表であるHMBサプリは2010年から国内販売が認可され、少しずつ知名度を高めてきました。それまでは個人輸入でしか手に入らなかったので、国産が手に入る今から購入できる人は正直ずるいですね笑。

最近はGACKTやレイザーラモンHG、女性モデルなど広告塔にした宣伝が活発になったこともあって「最近できたもの」と思われがちですが、トレーニー(筋トレが趣味の人の総称)の間では昔から知名度はありました。

筋トレサプリには複数種類がある

【筋トレサプリの種類】

  • HMB
  • プロテイン
  • クレアチン
  • BCAA
  • グルタミン
  • マルチビタミン
  • フィッシュオイル(DHA・EPA)

「筋トレサプリ」といっても含まれている成分によって種類が分かれています。上記の成分は筋トレには欠かせない成分であり「筋肉量増加」「筋肉ダメージ回復」「筋肉量減少の抑制」などの効果があります。プロアスリートは成分後に筋トレサプリを購入し、筋トレ後に一気に服用します。一般人とは運動量が違うのでプロテインで流し込んでしまうこともありますね。

ただ、今はガリガリでこれらか筋トレで太りたい場合は複数の成分が含まれたオールインワンタイプの筋トレサプリ1種類でOKです。成分知識のない人が複数服用してしまうと肝臓や腎臓に負担をかけすぎてしまいますからね。

また、プロテインに関しても個人的には経済的に余裕のある人だけ購入をおすすめします。サプリだけでも意外とお金がかかるので、そこにプロテインも入ってしまうと「ちょっと経済的にきついな…」という方もいると思いますので。筋トレはあくまでも趣味の延長として楽しみながらやった方が、いい筋肉が付きますよ。

↓GACKTも愛用する筋トレサプリ↓

筋トレサプリは1種類でOK!トレーニングメニューやフォームをしっかり考えよう

筋トレサプリはあくまでも足りていない栄養を補うためのものです。ガリガリの痩せ型タイプは無理してご飯量を増やしても普通体型の60~80%程度しか満たせない場合が多いので、食事量カバーのためにも必ず摂っておきましょう。

しかし、栄養面を満たしたとしてもトレーニングをしっかりと行わなければ細マッチョになることはできません。細マッチョレベルなら道具なしの自重トレーニングだけでも十分達成することは可能です。各部位にしっかりと負荷がかかっていることを常にチェックし、回数ではなく「限界まで追い込めたか?」ということを意識してトレーニングしましょう。

正しいトレーニング方法に関してはyoutubeに筋トレyoutuber達が分かりやすく解説付きで動画をアップしていますので、そちらを参考にするといいでしょう。

栄養が足りていなければどれだけ筋トレをしても太ることが難しいように、栄養を摂ってもトレーニング量が足りなければ意味がありませんので、サプリで栄養を摂ったらガンガントレーニングして追い込んでいきましょう。早い人は2ヶ月で明らかに体型が変化しますよ。