筋トレの時間帯は16時~18時が一番効率的
ガリガリの痩せ型が筋トレで細マッチョになる方法 > 筋トレ > 筋トレの時間帯は16時~18時が一番効率的

筋トレの時間帯は16時~18時が一番効率的

筋トレには有酸素運動と無酸素運動の2種類がありますが、筋肉を大きくする無酸素運動(いわゆる筋トレ)は16時~18時に行うのが一番効果的です。

  • 有酸素運動:ランニングなどの長時間かける運動
  • 無酸素運動:腕立てや腹筋など回数で行う運動

有酸素運動は早朝や朝に行う方が効率的ですが、筋トレは夕方・夜に行うのが効率的です。お昼に食べたものがエネルギーとして消費することができますし、トレーニングを終わった後すぐに夕食を食べることで効果的に筋肉に栄養を与えることができます。

また、寝起きは筋肉に負荷をかけることが難しくイマイチ効果を感じられないことも、朝に筋トレが避けられる理由です。筋肉を大きくするためには一度破壊する必要があり、筋肉を破壊するためには自分の限界までトレーニングをする必要があります。

早朝から自分を追い込めばその日1日何もできなくなりますから、夕方・夜にやっておきましょう。16時~18時が仕事や学校で筋トレできない場合は、夕食の2時間後~就寝の1時間前にトレーニングするのがおすすめ。

食後すぐは動きづらいのでNG。特にガリガリな人は食事量を自分の限界まで増やしておく必要があるので、食後2時間ぐらいおかなければ動けないはずです。

就寝前のトレーニングは交感神経が優位になってしまい良質な睡眠がとれなくなるのでNG。睡眠で疲れた筋肉が回復しますので、筋肉を大きくするならしっかりと睡眠をとりましょう。

また、空腹時の筋トレもNGです。空腹時にトレーニングをすると筋肉が分解されてエネルギーに変換されるため、トレーニングが逆効果になることもあります。

働いている社会人は21時~22時がおすすめ

社会人の場合は21時~22時がおすすめ。食後である程度時間も経っていますし、寝る直前でもないので、翌日に悪影響がでることもありません。トレーニング時間も1時間程度の自重トレーニングでOKです。

ガリガリの人は筋肉量が少ないので自重トレーニングでも十分筋肉を付けることができます。ジムに通えば器具を使って様々なトレーニングを行えるメリットがありますが、どちらかというとある程度筋肉が付いている人がもっと鍛えるために使うものですので、もとから筋肉が少ないガリガリの人は自分の体重だけでも体が変化するぐらい筋肉がつきます。

ジムにお金をかけるならプロテインHMBサプリなどの購入費に使った方がもっと効率的です。特にガリガリな人は頑張っても食事量を増やせないこともありますので、筋肉肥大に効果的な成分を摂取できるアイテムは手放せません。

トレーニング後40分以内に摂取して、筋肉に栄養を与えてあげましょう。